髪の日焼けについて

 

髪も日焼けしますし、日焼けによるダメージも出てきてしまいます!!!!

大阪で人気の美容室で教えてもらいましたが

髪がパサパサ、ゴワゴワしてきた。
枝毛や切れ毛が増えた!!
髪を染めていないのに、前より明るくなった気がする。髪色が退色してきた。
髪が生えるための土台である「頭皮」は皮膚の中でもかなりデリケートな部分。頭皮へのダメージが重なったり、余分な汚れが多くなると「フケ」「かゆみ」「炎症」というようなトラブルが発生してしまいます!!!

そこで髪の毛が日差しから頭皮を守ることで日焼けを防いでくれています。頭皮が日に焼けると赤くなり、熱を持ち、炎症を起こして大変なことになってしいます。いわば、髪が頭皮の身代わりになって日焼けしてくれていると言っても過言ではないでしょう。
髪は日焼けした後にダメージを修復することは、なかなか難しいです。日焼けにより明るくなった髪は、元通りにはなりにくいということです。
事前に髪の日焼け予防をして、日焼けしてしまってもアフターケアをすることでダメージを軽くすることが大切です。
第一に行うべき日焼け対策は「日焼け防止スプレーを髪につけておく」ということ。全身用の日焼け止めスプレーでも良いですし、最近は高品質な髪専用の日焼け止めスプレーもあります。
特別なヘアマスクやヘアオイルを髪に塗ることが日焼け後の対処法というわけではありません!!!!
いつもより「低刺激」なシャンプーで優しく髪を洗うことが何よりのアフターケアとなるのです!!!!!
ブローするときに髪を保湿すれば手触りがぐっと良くなるのでおすすめです。髪の保湿をするには洗い流さないトリートメントが一番効果があります。
使い方は簡単で、お風呂上りの濡れた髪に洗い流さないトリートメントを伸ばしていつも通りブローするだけなんです。これだけでも日焼けで水分が奪われてしまった髪をケアすることができます!!
毎日、暑い日が続きますが、髪の毛もいたわるようにしましょう!!!!

 

まつ毛にも日々のケアが大事

お洒落女子の定番といえばまつえく。まつ毛のための日々のケアも大事です!

例えば

・まつ毛の美容液を塗る

・目周りの血行を良くする

・質の良い睡眠をとる

・栄養バランスを考えた食事をする

などです。

もちろんNG行動もあります!

「化粧をおとさない」

化粧(マスカラやアイシャドウなど)を落としきらずにそのままにすると、

まつ毛に大きな負担がかかる原因となります。

つけまつ毛なども同様です。

汚れはゴシゴシこすらず、やさしくしっかり落としましょう。

しっかりめのメイクの方は、先に目元のメイクを落としましょう。

コットンにアイメイク用リムーバーなどをたっぷりとって、こすらず落とすこと

をおすすめします。

日常生活で見直せるところなので、まつ毛のためになることをしてあげましょう!

まつげ想いの健康的な生活習慣を意識しましょう!

 

童話|JALカード|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|ショッピングカート|初値予想|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|内職 アルバイト|クリニック集客ノウハウ